がん 10年生存率

国立がん研究センターが27日に2007年・2008年にがんと診断された患者を対象に10年生存率を発表しました。
今までは「部位別」だったものが「がん(がん種)別」で集計されており、より細かく生存率の結果を確認できるようになりました。
 
【国立がん研究センター 10年生存率】
 
日々、医療技術の進歩により生存率は上昇していますが、新しい治療方法を受けるには高額な費用が発生します。
経済的な面で不安にならないよう、健康なうちに今一度保障を見直してはいかがでしょうか。気になる方は弊社営業までお問い合わせください。