損害保険・生命保険商品のご提案にあたって

2020年6月1日

お客様各位

株式会社リスクマネジメント

弊社は創業以来三十数年に亘り、個人のお客さまにつきましてはご家族情報、ご勤務先、ご職業、ライフプラン等を、また法人のお客さまにつきましても業種、業況、従業員数、社会保険等ご加入状況、福利厚生等の情報収集に努め、多角的にお客さま情報を蓄積して、お客さまのご意向に沿った、真にお客さま本位の商品提案が出来る体制を整えております。

また民間保険本来の役割は=公的保険(社会保険、労災保険等)の補完、保険でなければ補えない様々なリスク(賠償事故、自然災害、疾病、死亡、長寿リスク等)の補完、であることをお客様にご理解いただいた上で、お客さまのご意向を伺い、これに弊社の持つお客さま情報を勘案して、お客さまのご意向に沿った保険商品をご提供しております。

弊社は生損保の乗合代理店として損害保険会社7社、生命保険会社12社、少額短期保険会社1社と代理店契約を締結し、お客さまの様々なご要望に幅広くお応え出来る体制を整えております。

1.弊社の取扱保険会社

弊社は損害保険・生命保険の販売に関して以下の保険会社の商品を取扱っております。

損害保険会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 損害保険ジャパン株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • セコム損害保険株式会社
  • AIG損害保険株式会社
  • Chubb損害保険株式会社
生命保険会社
  • メットライフ生命保険株式会社(弊社は、メットライフ生命の「従業員採用・育成支援金制度」の適用代理店であり、該当する規定に基づき所定の支援を受けております。)
  • 東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  • ソニー生命保険株式会社
  • アフラック生命保険株式会社
  • 三井住友海上あいおい生命保険株式会社
  • 日本生命保険相互会社
  • SOMPOひまわり生命保険株式会社
  • オリックス生命保険株式会社
  • エヌエヌ生命保険株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • アクサ生命保険株式会社

1.保険代理店募集方針

  1. 契約締結時の推奨商品(保険会社)の選定について
    1. 弊社は、保険種類ごとに、過去の販売実績による取扱の習熟度(取扱件数が多いことにより、契約手続きや契約の保全および事故対応にも習熟しておりますので、お客さまにより質の高いサービスをご提供出来ます。)及び保険会社の支援体制(保険会社からのお客様本位の営業実現のための各種情報提供や各種研修等の実績)を総合的に勘案し推奨商品(保険会社)を予め選定させていただいております。
    2. a 以外にも、新商品発売や商品改定、新しく追加された補償・保障や特約等により、適宜見直しを行うことがございます。
  2. 契約更新時の推奨商品(保険会社)の選定について
    1. 契約更新案内の際の推奨保険会社選定においては、特にお客さまからのお申し出がない限り、従来と同じ保険商品、保険会社1社によるご提案をさせて頂きます。
    2. 契約更新案内の際、お客さまのご意向によりご契約商品(保険会社)以外でのご提案を希望された場合は、お客さまにメリットおよびデメリットを説明し、ご理解いただきました上で、1.(1)a.≪契約締結時の推奨商品(保険会社)の選定について≫に従い、弊社推奨商品(保険会社)でご提案をさせていただきます。
  3. 推奨商品(保険会社)の見直し
    1. 推奨商品は適宜販売実績、販売動向、商品改訂動向、取扱保険会社支援体制等により判断をして見直しを行います。

2.保険募集人の権限

  1. 弊社の損害保険募集人は、お客さまと申込先の保険会社の損害保険契約の媒介または締結の代理権を有しています。尚、保険によっては告知受領権を有する商品もあります。お客様に記載いただいた告知書の記載内容が事実と違う場合は、ご契約が解除や無効となり、保険金をお支払いできないことがありますので、正しく告知いただきますようお願いいたします。
  2. 弊社の生命保険募集人は、お客さまと保険会社の生命保険契約の媒介を行うもので、契約締結の代理権は有しておりません。保険会社が申し込みを承諾したときに、保険契約が有効に成立します。告知受領権は保険会社および保険会社が指定した医師が有しており、弊社の生命保険募集人に口頭でお話しされても告知いただいたことになりませんのでご注意ください

3.個人情報の利用目的

  1. 弊社は、お客さまの個人情報について、お客さまに同意をいただいた上で、損害保険・生命保険・少額短期保険及びこれらに付随・関連するサービスの提供等の業務に必要な範囲で利用いたします。その他の目的で利用することはございません。 詳しくは、弊社の「プライバシーポリシー」をご参照ください。

4.弊社が推奨する生命保険会社、生命保険商品

(1)入院時等の保障をご検討

メットライフ生命 医療保険(引受緩和型を含みます)、ガン保険

創業以来36年間に亘って推奨会社の推奨商品として販売し続けて商品内容を熟知しており、またこの推奨商品の販売件数が同種の保険商品の当社における販売件数の約9割を占めておりますので、お客様に十分な商品のご案内ができます。

同時に当社ではこの推奨商品の保険金の請求手続きやご契約の保全にも十分な実績と経験がありますので、商品販売後におきましてもお客様に万全のサポート体制をお取りすることができます。

(2)万一の場合や病気やケガでお仕事が出来なくなられた場合の保障の充実をご検討

東京海上日動あんしん生命 家計保障定期保険
本推奨会社の推奨商品は、当社の過去1年間の死亡保障分野の同種の商品の販売件数で8割を占めており、販売実績(件数)が1位であること。
アフラック生命保険 就労所得保障保険[無解約払戻金]通称 給与サポート保険
本推奨会社の推奨商品は、当社が取扱う死亡保障のない同種の保険商品の過去1年間の販売実績(件数)が1位であること。

上記2社の同種の商品の過去1年間の販売実績は、当社の取り扱い生命保険会社の中で上位3位以内の販売実績がありますので、商品販売時の説明や情報提供並びに販売後の各種保全に於きましても十分なフォローを行わせていただけます。

(3)終身の死亡保険商品をご検討

メットライフ生命 外貨建て積立利率変動型終身保険(米国通貨建2002)

この保険には、お客様にご負担いただく各種費用があります。また、外貨建ての保険のため為替リスクがあります。

本推奨会社の当該商品は当社における過去4年間の同種の商品の販売実績の9割を占めていること。推奨会社の同種の商品について当社は創業以来36年間の販売実績があり、推奨会社の同種の商品の変遷を理解し、お客さまに十分な情報提供を実施して安心をお届け出来ること。

(4)上記(1)から(3)以外のご意向で保障をご検討

(4)上記(1)~(3)以外の保険商品について
上記(1)~(3)以外の商品につきましては、お客さまのご意向を把握した上保険、会社、保険商品の絞込みを行い、お客様のご意向に沿った商品をご提案いたします。

(5)推奨商品以外の保険会社・保険商品をご指定いただいた場合

お客さまのご意向(保障内容、保険料率等)をお聞きしました上で、ご意向に沿った商品をご提案いたします。

5.弊社が推奨する損害保険会社、損害保険商品

  • 東京海上日動火災保険
  • あいおいニッセイ同和損害保険
  • 損害保険ジャパン

弊社における損害保険商品の保険種類ごとの販売実績は自動車保険、火災保険、傷害・新種保険ともに東京海上日動火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、損害保険ジャパンの3社で9割を超えており、この3社につきまして弊社は販売、保全(ご契約の変更、事故対応等)に創業以来の長い経験と実績の積み重ねがあり、商品内容を熟知しておりますのでお客様に最適な契約のご提案と保全サービスを提供できます。

お客さまのご意向に基づく商品を上記推奨会社3社の中から弊社が絞り込んだ一社でご提案いたします。

上記によりご提案いたしました保険会社の商品がお客様のご意向に沿わない場合は、当社取扱の他の保険会社の商品を改めてご提案いたします。

6.上記以外の保険商品による提案をご希望される場合

  • 前述4.及び5.に基づき弊社が推奨する保険商品(保険会社)以外の商品提案をご希望の場合には、弊社担当者にその旨をお申し付けください。
  • 前述1.の弊社の取扱保険会社(保険商品)をお客さまにご覧いただき、お客さまが希望される保険会社の保険商品をご説明させて頂いた上で、お客さまの意向に沿ったご提案をさせていただきます。

以上

令和1年10月1日改訂

個人情報の安全管理にかかる基本方針

最終更新日:2017年12月8日
株式会社リスクマネジメント

当社は個人情報保護の重要性に鑑み、また、保険代理店業務に対する社会の信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令等を遵守して、個人情報を適正に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。

当社は、個人情報の取扱いについて従業者への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取り組んでまいります。また、個人情報の取扱いに関する苦情・相談に迅速に対応し、当社の個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し改善いたします。

1.個人情報の取得

当社は、業務上必要な範囲で、かつ適法で公正な手段により個人情報を取得します。具体的には、当社が委託を受けた保険会社の各種商品のご提案や保険契約締結に伴って、お客様から口頭あるいは書面の提出を受けることにより取得します。

2.個人情報の利用目的

当社は、個人情報を次の目的のために利用します。これらの目的のほかに利用することはありません。

  1. 当社が委託を受けた保険会社の各種商品やサービスのご案内・提供、ご契約の維持管理、保険金・給付金などのお支払い
  2. 当社業務に関する情報提供・運営管理
  3. その他保険代理店業務に関連・付随する業務

上記の利用目的を変更する場合には、その内容をご本人に対し通知、又はホームページ(アドレス)等により公表します。

当社に対し保険代理店業務の委託を行う保険会社の利用目的は、下記の保険会社のホームページに記載してあります。

損害保険会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 損害保険ジャパン株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • セコム損害保険株式会社
  • AIG損害保険株式会社
  • Chubb損害保険株式会社
生命保険会社
  • メットライフ生命保険株式会社
  • 東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  • ソニー生命保険株式会社
  • アフラック生命保険株式会社
  • 三井住友海上あいおい生命保険株式会社
  • 日本生命保険相互会社
  • SOMPOひまわり生命保険株式会社
  • アクサ生命保険株式会社
  • オリックス生命保険株式会社
  • エヌエヌ生命保険株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • ジブラルタ生命保険株式会社

3.個人情報の第三者への提供

当社は、次の場合を除いて、ご本人の同意なく個人情報を第三者へ提供することはありません。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 国の機関、若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が、法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

4.個人情報の安全管理措置

当社は、ご本人の個人情報を正確、最新なものにするよう常に適切な処置を講じています。また、法令などにより要請される、組織的、技術的、人的、物理的な各安全管理措置を実施し、ご本人の個人情報への不当なアクセス、個人情報の紛失・破壊・改ざん・漏えいなどを防止するため、万全を尽くしています。なお、当社の委託を受けて個人情報を取り扱う会社にも、同様に厳重な管理を行わせています。万一、個人情報に関する事故が発生した場合には、迅速かつ適切に対応いたします。

5. お問い合わせ先

当社の個人情報の取扱い、個人情報の開示・訂正等のご請求につきましては、下記お問い合わせ窓口にお問い合わせください。また保険事故に関するご照会については下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券に記載の保険会社の事故相談窓口にお問い合わせください。なお、ご照会者がご本人であることをご確認させていただいたうえで、対応させていただきますので、予めご了承願います。

代理店(所在地)
株式会社リスクマネジメント(埼玉県川口市並木4-3-7 7階)
電話番号
048-271-5155
受付時間
9:00~18:00
ホームページ
www.riskmng.co.jp
電子メールアドレス
info@riskmng.co.jp

勧誘方針

●金融商品の販売等に際して、各種法令等を遵守し、適正な販売等に努めます。

  • 金融商品の販売にあたっては、保険業法、金融商品の販売等に関する法律、消費者契約法及びその他各種法令等を遵守して参ります。
  • お客様に商品内容を正しくご理解いただけるよう説明内容や説明方法を創意工夫し、適正な販売・勧誘活動を行って参ります。

●商品に関するお客様の知識・経験、購入目的、資力状況等を総合的に勘案しお客様の意向と実情に応じた金融商品の販売等に努めます。

  • 保険販売等においては、お客様を取り巻くリスクの分析やコンサルティング活動等を通じて、お客様の意向と実情に沿った適切な商品設計、販売・勧誘活動を行って参ります。
  • 特に、市場リスクを伴う投資性商品については、お客様の投資経験、投資目的、資力等を勘案し、商品内容やリスク内容等の適切な説明を行って参ります。

●お客様への商品説明等については、販売・勧誘形態に応じて、お客様本位の方法等の創意工夫に努めます。

  • 販売勧誘活動にあたっては、お客様の立場に立って、時間帯や勧誘場所について十分に配慮して参ります。
  • お客様と直接対面しない販売等を行う場合においては、説明方法等に工夫を凝らし、お客様にご理解いただけるよう努力して参ります。
  • 高齢のお客様には、商品内容や仕組みについて誤解が生じることのないよう、より丁寧でわかりやすい説明に努めます。
  • 未成年の方、特に15歳未満の方を被保険者とする保険契約等については、保険金の不正取得を防止する観点から適切な募集に努めます。

●お客様のご意見等の収集に努め、また、お客様の満足度を高めるよう努めます。

  • 保険契約について、万が一保険事故が発生した場合におきましては、保険金の請求にあたり適切な助言をして参ります。
  • お客様の様々なご意見等の収集に努め、その後の販売活動に活かして参ります。

お客さま本位の業務運営方針の原則について

2019年12月24日

株式会社リスクマネジメント

当社は保険手続きに当たりまして、お客様の最善の利益を追求するために以下の原則を定めて公表し、その原則の取組成果(自主的KPI)を合わせて公表します。

1.【お客様にとって本当に必要な保険商品を選択します】

損害保険、生命保険の商品は国の定める公的保障(補償)を補完する役割を担う一方で、民間の保険でなければ補えない保障(補償)もお客様に提供させていただいております。

私どもは、そもそも保険商品は、商品そのものの良し悪しではなく、その商品がお客さまのご意向に沿った商品であるか否かが、お客さまにとってのその保険商品の良し悪しだと考えております。この良し悪しを判断するには①お客様の各種情報の収集と蓄積②社会保障制度、税制等の情報収集と分析③弁護士、社会保険労務士、中小企業診断士、公認会計士、税理士等各分野の専門家との連携とともに④保険代理店社員自身のお客さまニーズの的確な把握と保険商品の分析能力が問われます。

この分析能力を養うために当社は、社員に損害保険業界資格の最高峰「損害保険プランナー資格」生命保険業界資格の最高峰「生命保険大学資格」幅広い金融その他の周辺知識資格の「CFP資格」「AFP資格」の資格取得を奨励し、これらの資格取得状況(全役職員に占める状況)を定期的に公表します。

KPI 各資格取得者の人数(①複数資格取得者がおります②役員・社員合計人数に短時間勤務者を含みます)
役員数 6名
営業担当社員数 8名
業務担当社員数 9名
事故担当社員数 1名
役員・社員合計 24名
AFP取得者 9名
CFP取得者 0名
損害保険プランナー資格取得者 1名
生保大学資格取得者 6名
1級、2級、3級FP技能士資格取得者 17名

2.【利益相反が起きない社内体制を維持します】

当社のお客さまは「リスクマネジメント社のお客さまであり、社員個人のお客さまではありません」の原理原則を維持するために地区担当制を敷いて、必要に応じて適宜担当地区変更を実施しています。地区担当者は本方針上で公開しております。

KPI 営業地区ごとの担当者名(市境が隣接しておりますので各市区の重複がございます)
地区 地区担当者
川口市 新川、大原、岩間、下村、森田
戸田市・蕨市 新川、大原、磯田、下村、森田
さいたま市 新川、大原、下村
さいたま市岩槻区 増渕
埼玉県内その他市町村 増渕、森田、下村
東京都内・その他県 磯田
新規開拓責任者 岩間
ご来店 田中、岡田

当社の社員は全員が直接雇用の社員であり且つ給与制度は固定給(年齢給+勤続給+役職給+資格給)ですが、年二回の賞与時に一部業績給を取り入れています。
年間給与、賞与総額に占める業績給与の割合は年二回賞与支給後に本方針上で公表します。

KPI 給与・賞与(除く役員報酬)に占める業績給与の割合
2019年1月~12月の社員給与・賞与 内同期間の業績給 業績給の占める割合
51,415,750円 1,944,976円 4%

当社は社員採用育成にあたり、取引保険会社と協議して保険会社の個別支援を受けることがあります。この場合受援中と受援開始前の当該保険会社契約取得状況を本方針上で公表します。

当社は2018年5月から2019年12月までメットライフ生命保険株式会社の「従業員採用・育成支援金制度」の適用を受けましたので、支援を受けた期間、支援を受けた期間に対応する保有保険料の推移を以下の通り公表します。

KPI 支援を受けた期間2018.5~2019.12に対応するメットライフ生命保険株式会社の当社の保有保険料の推移
保険会社年度 当社保有年換算保険料 対前年増減額 対前年増減率
2016年12月 312,584千円
2017年12月 332,227千円 +19,643千円 +6%
2018年12月 345,416千円 +13,189千円 +4%
2019年12月 355,109千円 +9,693千円 +3%

3.【重要な情報の分かりやすい提供に努めます】

当社は複数の保険会社の同種の保険商品を取り扱う「乗合の保険代理店」として「当社の保険代理店募集方針」に則って営業しておりますので、年に二回、推奨保険会社、推奨商品の同種の保険商品の全取扱実績に占める割合を本方針内で公表します。

KPI 令和2年3月過去一年間 損保主要四社 保有契約件数(赤字は推奨保険会社)
保険種目 あいおいニッセイ同和 東京海上日動 損保ジャパン 三井住友海上 主要四社合計
自動車 1,219件 40% 1,401件 46% 365件 12% 77件 2% 3,062件
火災 348件 17% 1397件 69% 102件 5% 176件 9% 2,023件
傷害・新種 451件 16% 2,233件 78% 134件 5% 31件 1% 2,849件
種目合計 2,018件 25% 5,031件 63% 601件 8% 284件 4% 7,934件
KPI 令和2年3月過去一年間 保険会社別/保険種目別 新規生命保険契約取扱件数(赤字は推奨保険会社)
メットライフ生命 東海日動あんしん生命 アフラック生命 その他生命保険会社 生命保険会社合計
入院等の保障 140件 87% 7件 4% 7件 4% 8件 5% 162件
終身の死亡保障 43件 88% 1件 2% 0件 0% 5件 10% 49件
万一の場合等 4件 13% 14件 47% 6件 20% 6件 20% 30件

当社は保険募集にあたって、営業を担当する社員が当社の定める保険募集プロセス通りに募集行為を実施しているか、加えて正確な情報提供を実施しているかを検証するために、月二回の内勤日に時間を設けて「保険募集ロールプレイング」を行って、募集品質の維持向上に努めています。

「保険募集ロールプレイング」実施状況は本方針内で年二回過去半年間の実施回数と総時間数を公表します。

KPI 令和1年12月~令和2年5月 募集プロセス・情報提供内容 確認ロールプレイング実施状況(所要時間は1回1時間平均)(*令和2年4月7日から令和2年5月25日まで緊急事態宣言に対応して在宅勤務といたしました)
募集人名 A B C D E F G H I 月別集計
12月 1回 1回 1回 1回 1回 1回 1回 1回 8回
1月 2回 2回 2回 1回 2回 1回 2回 2回 14回
2月 2回 2回 1回 2回 2回 2回 2回 2回 15回
3月 1回 2回 3回 2回 0回 2回 1回 2回 13回
4月 0回 0回 0回 0回 0回 0回 1回 1回 5月入社 2回
5月 2回 1回 1回 2回 4月退職 1回 0回 2回 1回 10回
募集人別集計 8回 8回 8回 8回 5回 7回 7回 10回 1回 62回

当社は募集品質向上(保険募集の必要時間確保)のために、やむを得ない場合を除いて「電話または郵送による損害保険の継続手続き」の最小化に努めておりますので、年二回過去半年間の損害保険継続手続きの総件数に占める、電話または郵送による損害保険の継続手続き件数の割合を本方針内で公表します。

KPI 令和1年12月~令和2年5月の 損害保険契約の継続手続き全件数に占める電話または郵送による継続手続き件数の割合(*令和2年4月7日からの非常事態宣言期間中は、感染防止のため電話または郵送による継続手続きを推進いたしました)
満期月 継続手続実施件数 電話・郵送による継続件数 電話郵送継続実施割合
2019年12月 218件 52件 24%
2020年1月 144件 25件 17%
2020年2月 222件 50件 23%
2020年3月 338件 66件 20%
2020年4月 566件 157件 28%
2020年5月 239件 161件 67%

当社は70歳以上のお客様に保険募集を行った場合に「対応内容記録票(高齢者用)」を作成して情報を社内で共有しています。
記録票から過去6か月間の各月毎の高齢契約者様対応件数のうち複数募集人対応件数、複数回対応件数、親族ご同席件数、苦情発生件数を公表しています。

KPI 令和1年12月~令和2年5月 高齢ご契約者様対応内容(対応内容は重複→親族同席+複数回募集等があります)
年月/対応内容 高齢者様対応件数 複数募集人対応 複数回募集対応 高齢者様親族同席 対応後苦情発生
2019年12月 19件 0件 3件 4件 0件
2020年1月 27件 0件 7件 6件 0件
2020年2月 23件 1件 3件 3件 0件
2020年3月 33件 1件 5件 11件 0件
2020年4月 22件 0件 3件 2件 0件
2020年5月 19件 0件 2件 3件 0件
合計欄 143件 2件 23件 29件 0件

当社は金利、通貨の価格、金融商品市場の相場等の変動といった、金融市場リスクをお客さまが負担する所謂「特定保険契約」をご提案する場合は、予めお客様の知識、経験、加入目的、財産の状況を確認した上で、お客さまに確実にご理解していただくために必要な方法、必要な時間数を判断して提案をしています。

4.【金融事業者にふさわしい体制を維持します】

当社は毎年11月から12月と5月から6月の年二回業務管理責任者と社員の面談による「募集人自主点検」と「個別内部監査」を実施して、その内容を分析して本方針内で公表します。

KPI 令和1年11月12日から同年12月6日に実施して改善指導しました。(1名当り所要時間平均1時間15分)
社員名 実施日 点検項目数 内対象外項目数 要改善項目数 改善結果確認日 要改善項目解消数
営業A 2019.11.15 54 0 27 2019.11.29 20
営業B 2019.11.18 54 0 7 2019.11.29 7
営業C 2019.11.13 54 0 8 2019.11.27 8
営業D 2019.11.25 54 0 11 2019.12.6 11
営業E 2019.11.22 54 0 14 2019.12.5 14
営業F 2019.11.12 54 0 21 2019.11.26 15
営業G 2019.11.15 54 0 19 2019.11.29 19
営業H 2019.11.19 54 0 7 2019.12.2 7
業務I 2019.11.12 46 0 12 2019.11.26 2
業務(事故)J 2019.11.22 46 12 11 2019.12.5 11
業務K 2019.11.13 46 0 8 2019.11.27 8
業務L 2019.11.14 46 0 14 2019.11.28 14
業務M 2019.11.19 46 14 8 2019.12.2 8
業務N 2019.11.20 46 10 8 2019.12.6 8
業務O 2019.11.25 46 12 2 2019.12.6 2

当社は令和1年令和2年6月より内部監査の客観性を高めるため、年一回当社顧問公認会計士による 内部監査を実施して、本方針内でその結果を公表します。

5.【お客様の声を収集して分析の上業務改善に役立てます】

   

当社ではお客さまから頂戴いたしました様々なお声を「異例事象報告書」に収集して、分析の上毎月社内共有して業務改善に役立てています。 お客さまから頂戴いたしました様々なお声は、年二回項目別に分類して本方針内で公表いたします。

KPI 令和1年12月から令和2年5月から同年11月に受付若しくは発生した「異例事象報告」の分析結果です。
令和2年5月現在で処理未済のものはありません。
年月/報告内容 契約保全 契約手続 お褒め 事故対応 その他 合計
内容の具体例 契約内容変更、早期解約、失効 新規更新手続、商品内容説明 お褒め(保険会社経由を含む) 事故進捗報告等 担当者
違法、迷惑駐車
2019年12月 10件 1件 0件 0件 1件 12件
2020年1月 8件 1件 0件 0件 0件 9件
2020年2月 5件 2件 1件 0件 0件 8件
2020年3月 1件 3件 3件 0件 1件 8件
2020年4月 4件 1件 1件 0件 1件 7件
2020年5月 0件 1件 0件 1件 0件 2件
合計 28件 9件 5件 1件 3件 46件